パタゴニアのバギーズショーツ、バギーズロング、バギーズナチュラル等を比較。

こんにちは。 パタゴニア大好きおじさん、beee(@BEEE62359542)です。

バギーズショーツ、バギーズロングやバギーズナチュラルの違いを詳しく知りたいな。
パタゴニアのショーツは結局何を選べばいいんだろう。

バギーズショーツは、パタゴニアの定番商品で、アウトドア好きやファッション好きに愛される良品です。

「バギーズショーツ」等を私が実際に使ってみると、自分のライフスタイルに合っており、快適に過ごせています。
私は、毎年夏になるとバギーズを買い足してしまい、ついついバギーズばかり履いています(笑)

この記事は、「バギーズショーツ」と「バギーズロング」等他のバギーズとの違いを比較したい方に向け、書いています。

パタゴニアのショーツの購入を考えている方は、本記事を参考してみて下さい。

目次
  • バギーズのデザインの違いは?
  • バギーズの素材の違いは?
  • バギーズのサイズ感の違いは?
  • 結局どのバギーズがおすすめ?

順番に説明します。

パタゴニアのバギーズショーツ、バギーズロング、バギーズナチュラル等を比較

バギーズのデザインの違いは?

バギーズショーツのデザイン

「バギーズ ショーツ」


品番 :57021
カラー:black
サイズ:S (165㎝、57㎏で丁度いいです。)
重さ :221g

左もものp-6ロゴがアイコニックなシンプルなデザインです。

一般的なショーツよりも股下が短め。

裾幅が広めで、スポーツ感が抑えめなのが特徴です。

素材はリサイクルナイロンを使用。

撥水性、速乾性が高く、軽い水着としても使える程の機能性があります。

しかし、素材感は割とコットンライクで、アウトドアウェア感がさほどないところが人気の理由かと思います。

バギーズロングのデザイン

「バギーズ ロング」


品番 :58034
カラー:左:black 右:Ash Tan
サイズ:どちらもS (165㎝、57㎏で丁度いいです。)
重さ :227g

バギーズショーツの股下を長くしたタイプです。

ロングと言っても、膝上位の長さなので、タウンユースで丁度いい長さです。

かつ機能性はバギーズショーツと同等です。

デザインと素材感のバランスの良いアイテムです。

バギーズナチュラルのデザイン

「バギーズ ナチュラル」


品番 : 58056
カラー:Chambray: New Navy
サイズ:S (165㎝、57㎏で丁度いいです。)
重さ :176g

こちらは素材にコットンとヘンプといった天然素材を使用しているバギーズです。

機能性は多少落ちますが、よりタウンユース向きなデザインとなっています。

股下も、バギーズロングよりほんの少し短い位で、使いやすいモデルです。

素材の表情があるので、単調な服装になりがちな夏に使いやすいショーツです。

バギーズライトのデザイン

「バギーズ ライト 6 1/2インチ」 パタゴニア公式オンラインショップより

品番:58046

重さ:145g

こちらは新作の「バギーズライト」。

素材にリップストップナイロンを使用した、さらに軽量なバギーズです。

よりアウトドアウェアよりといった感じ。

シルエットはバギーズよりも多少細身となっています。

バギーズの素材の違いは?

バギーズショーツ、バギーズロングの素材

「バギーズ ショーツ」
「バギーズ ロング」

速乾性を備え、水分を弾くDWR(耐久性撥水)加工済みのリサイクル・ナイロン素材

パタゴニア公式オンラインショップより

バギーズショーツ、ロングのどちらもリサイクルナイロンを使用しています。

素材感に違いはありません。

パタゴニアではお馴染みのDWR加工で撥水性がありますが、素材感はコットンライク。

機能性が高い素材なのに、アウトドアウェアを感じないルックスが人気の秘訣ですね。

撥水性、速乾性があるので軽い水着としても使えます。

バギーズナチュラルの素材

「バギーズ ナチュラル」

風通しがよく涼しい肌触りの軽量なヘンプ55%/オーガニックコットン45%混紡素材

パタゴニア公式オンラインショップより

天然素材ながら、軽量で通気性は高く作られており、さすがアウトドアブランドのショーツといった機能性を備えています。

また、生地の肌触りがよいこともポイントです。

タウンユースや普段使いに良い素材感です。

バギーズライトの素材

「バギーズ ライト」 パタゴニア公式オンラインショップより

軽量で丈夫なリップストップ・リサイクル・ポリエステル100%素材。

水分を弾くDWR(耐久性撥水)加工済み

パタゴニア公式オンラインショップより

バギーズライトは、他バギーズよりも軽い素材感となっています。

また、バギーズで唯一、パッカブル仕様です。小さくまとめて収納可能。

すこしでも荷物を少なくしたい方におすすめです。

バギーズのサイズ感の違いは?

バギーズ・ショーツ パタゴニア公式オンラインショップより
バギーズ・ロング パタゴニア公式オンラインショップより
バギーズ・ナチュラル パタゴニア公式オンラインショップより

各バギーズのシルエットの主な違いは、股下の長さの違いです。

●股下の長さ

バギーズロング ≧ バギーズナチュラル、バギーズライト > バギーズショーツ

左から「バギーズ ロング」サイズS、「バギーズ ナチュラル」サイズS、「バギーズ ショーツ」サイズXS

実際に置き比べてみると、バギーズショーツのみXSですが、股下が少し短いことがわかります。

一方、バギーズロング(7インチ)とバギーズナチュラル(6 1/2インチ)には、さほど違いを感じませんね。

なお、ウエストはゴムとドローコードで調整できるので、履こうと思えばかなりアバウトにサイズを上げたり下げたりできます。

実際に着用してみても、ウエスト等の違いは感じません。

私は普段パタゴニアはSサイズを着用することが多いですが、バギーズに関してはXSでもSでも履けます。Mでも問題ないでしょう。

しかし、バギーズは裾幅の広がりが特徴的なので、あまりにサイズアップすることはおすすめしません。バランスを考えたいところですね。

バギーズ・ライト パタゴニア公式オンラインショップより

唯一、バギーズライトは、裾の広がりが抑えめで若干細身のデザインです。

結局どのバギーズがおすすめ?

バギーズショーツは、パタゴニアを代表する定番で、長年愛されているアイテムです。

現代のファッションシーンでも、ショーツと言えばバギーズショーツという位の知名度ですね。

個人的な好みですが、機能性とルックスのバランスが良い「バギーズロング」が好みです。
バギーズの機能性はそのままに、タウンユースで使いやすい形です。

パタゴニア公式サイト メンズ・バギーズ・ロング 7インチ

タウンユース中心なら「バギーズナチュラル」も良いと思います。

素材感が素敵なおしゃれなバギーズです。

パタゴニア公式サイト メンズ・バギーズ・ナチュラル 6 1/2インチ

「バギーズショーツ」はタウンユースでのサイズ感が難しいですが、サイズアップすると良いですね。運動中心に使いたいという方にはおすすめです。

パタゴニア公式サイト メンズ・バギーズ・ショーツ5インチ

少しでも荷物を少なくしたい方や、よりアウトドア寄りに使用したい、すこしでも軽い方がいいという方は、「バギーズライト」が良いでしょう。

パタゴニア公式サイト メンズ・バギーズ・ライト 6 1/2インチ

ショーツを何を選べばいいのかよくわからない…
という方はとりあえず「バギーズ ロング」を選べば問題なさそうです。

なお、毎年バギーズの人気色や人気サイズは夏前に売り切れなることが多いです。

購入はシーズン前が良いと思います。

また、各バギーズの詳しいレビューは下記リンクからどうぞ。