夏におすすめの涼しい靴下はこれ一択です。【ミニマリストにも】

こんにちは。 テック系大好きおじさん、beee(@BEEE62359542)です。

夏が近づいてくるとどんな靴下を履けばいいのかわからないんだよな…
家にいっぱい靴下はあるけど、結局暑くて不快になることが多いし。
何か涼しくてこれっていうものはないのかなぁ…

普段から快適な服を探している私が、おすすめのソックスを紹介します。

本ブログでは、以前、暑い時期におすすめの涼しい靴下について記事にしましたが、さらにおすすめできる靴下を共有したいと思います。

結論としては、最もおすすめできる靴下は、GU「スタイルドライソックス」「スタイルドライアンクルソックス」です。しかも非常に安価なので、5個位同じものを買っておけば、毎日これだけでOK。人生から靴下を選ぶ悩みが消滅します。

この記事を読むと、GUの「スタイルドライソックス」、「スタイルドライアンクルソックス」の魅力をお知らせします。

目次
  • 涼しい靴下はGUの「スタイルドライ」で十分。
  • 夏の靴下に向いている素材は?
  • 「スタイルドライソックス」のデザインは?
  • まとめ

それでは順番に解説していきます。

夏におすすめの涼しい靴下はこれ一択です。【ミニマリストにも】

涼しい靴下はGUの「スタイルドライ」で十分。

画像はGUの夏用の定番素材、「スタイルドライ」シリーズのソックスです。商品名は「スタイルドライソックス」、「スタイルドライアンクルソックス」。実際に私が着用しているものです。

特徴は、シンプルなデザインと、薄手でパイル(足の裏がふわふわしているやつ)はなし、蒸し暑い時期に最適な素材感です。

くるぶしがでるショートタイプと、くるぶしが隠れる位のアンクルタイプがあります。

夏の靴下に向いている素材は?

「スタイルドライソックス」の素材はポリエステル61%・綿36%・ポリウレタン3となっています。ざっくり60%は化繊素材です。
この素材の何がいいかといいますと、綿100%の素材と比べると、汗の乾き具合が全然違います。
じゃあ化繊素材100%がいいんじゃないかと思われるかもしれませんが、化繊と綿の混紡素材にすることで、綿の素材感の良さ、化繊の機能性の高さを良いところ取りできていると思います。

近年はサンダルにソックスを合わせたり、ショーツにソックスをおしゃれに合わせたりと、ソックスの素材感が重要になってきていますが、ガシガシした良い素材感のソックスは大体綿100%で厚手のものが多いですね。
当然、夏には不向きです。

その点、このGU「スタイルドライソックス」は日本の蒸し暑い時期に最適な素材感で非常に良く考えられていると思います。履き心地もさらさらとしていて気持ちいいです。

また、ショートタイプについては、画像のように足の甲の一部分がメッシュ素材になっており、より夏向けになっています。

「スタイルドライソックス」のデザインは?

次にデザインについて見てみましょう。
ショートタイプについてはあまり言うことはないです。非常にシンプル。
個人的には「スタイルドライアンクルソックス」のデザインが非常に良く、暑い時期に履くスニーカー、サンダルに非常に合います。

いくら暑いからといって、ソックスから素足が見えると、一気にカジュアルな印象になってしまいます。その点、くるぶしが隠れる位の「スタイルドライアンクルソックス」は、幅広いシューズ、ボトムスに合うので、かなり重宝しています。

また、カラー展開ですが、人気商品なのかやたら種類が豊富。柄物もあります。

でも普通にブラックかオフホワイトがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はGUの「スタイルドライソックス」、「スタイルドライアンクルソックス」について紹介させていただきました。

しかもこのソックス、値段が一足290円と激安。まとめ買いするとさらに安くなります。

ここまで安いと4~5足同じものを買えるので、毎日同じ靴下を履けます。下着類を毎朝選ぶなんて思考の無駄なので、同じものを着用したいという方のも非常におすすめです。

個人的には「スタイルドライアンクルソックス」のブラックを5つ所有しており、毎日履いています。

ぜひお近くのGUで手に取ってみて下さい。