暖かく機能的なパタゴニアのおすすめダウンジャケット5選!【定番から最新まで】

「ダウン セーター」


 こんにちは。パタゴニア大好きおじさん、beeeです。

 毎年冬が近づくと、防寒対策を考えますね。快適さを求めると、やはりアウトドアスペックのダウンジャケットが必須になってきます。


 本記事では、パタゴニアのおすすめダウン、化繊インサレーション商品を5選し、解説しています。目的別に下記の目次からどうぞ。

●「ちょうどいい」化繊インサレーションのジャケットが欲しい方は、こちら。

●「高スペック」な化繊インサレーションのジャケットが欲しい方は、こちら。

●「ミニマリストにおすすめ」のダウンジャケットが欲しい方は、こちら。

●「とにかく温かい」ダウンジャケットが欲しい方は、こちら。

●「究極のビレイ用パーカ」が欲しい方は、こちら。

 順番に解説していきます。

暖かく機能的なパタゴニアのおすすめダウンジャケット5選!

①ナノ パフ ジャケット

「ナノパフ ジャケット」 品番84212

●「ちょうどいい」化繊インサレーションのジャケットが欲しい方は、こちら。

 防風性と耐水性を備えた化繊インサレーションのジャケットです。凡庸性が高く、幅広い期間着用可能です。また、シェルがそこそこの厚みで、見た目もそこまでインナーダウン感がないので、街着でアウターとしても着用可能。ダウンではなく化繊の中綿ですので、濡れても保湿力を失いません。また、自宅でのケアもしやすいですね。

素材

シェル:WR(耐久性撥水)加工された1.4オンス・20デニール・リップストップ・リサイクル・ポリエステル100%。D裏地:1.3オンス・22デニール・リサイクル・ポリエステル100%。インサレーション:P.U.R.E.(Produced Using Reduced Emissions)テクノロジーを採用し、消費者から回収されたリサイクル・ポリエステル100%の60グラム・プリマロフト・ゴールド・インサレーション・エコ。

パタゴニア公式オンラインショップより

 

 重さ337g(ジャケットタイプ)。

ジャケットタイプを使用していますが、耐久性と温かさ、軽さのバランスが良いアイテムです。秋はアウターとして着用しますし、寒くなるとインナーとしても使うため、着用頻度の高いアイテムです。

 スペックだけを見ると他の最新化繊インサレーションの劣るかもしれませんが、パタゴニアファンから愛される隠れた名品です。

 ジャケット、フーディ、ベストがあるのでお好みでどうぞ。

パタゴニア公式サイト メンズ・ナノ・パフ・ジャケット

②マイクロ パフ ジャケット

「マイクロ パフ ジャケット」 品番84065

●高スペックな化繊インサレーションのジャケットが欲しい方は、こちら。

こちらも化繊インサレーションのジャケットですが、より軽量性と薄さを追求した高スペックモデルです。もちろん、濡れても温かさを失わず、すぐに乾きます。また、ケアも楽です。

素材 

シェルと裏地:0.7オンス・10デニール・パーテックス・クアンタム・リップストップ・ナイロン100%。DWR(耐久性撥水)加工済み。インサレーション:ポリエステル100%の65グラム・プルマフィル

パタゴニア公式オンラインショップより

重さ235g(ジャケットタイプ)。

フーディタイプを使用していますが、軽さや薄さに対しての暖かさが高水準です。冬になると、インナーダウンとしてアクティビティや街着で引っ張りだこです。

 とにかく軽量で薄いので、ほとんど重さを感じずに温かさを提供してくれるジャケットです。ジャケット、フーディ、ベストがあるのでお好みでどうぞ。

パタゴニア公式サイト メンズ・マイクロ・パフ・ジャケット

パタゴニア Micro Puff ジャケット メンズ ( Black )

③ダウンセーター ジャケット

「ダウンセーター ジャケット」品番84674

●ミニマリストにおすすめのダウンジャケットが欲しい方は、こちら。

800フィルパワーのダウンを使ったパタゴニアを代表するダウンジャケットです。それほどボリュームのあるダウンではありませんが、タウンユースでは真冬でもこれだけで十分な保温性、防風性を備えています。

真冬はハードシェルのインナーとしても着用可能です。「あまり動き回らないけど寒い場所に行く。」という場合は、やはり着た瞬間に温かいダウンジャケットの出番ですね。

素材

シェル:1.4オンス・20×30デニール・リップストップ・リサイクル・ポリエステル100%。DWR(耐久性撥水)加工済み。裏地:1.4オンス・20デニール・リップストップ・リサイクル・ポリエステル100%。DWR加工済み。インサレーション:800フィルパワー・アドバンスト・グローバル・トレーサブル・ダウン。

パタゴニア公式オンラインショップより

重さ371g(ジャケットタイプ)。

ジャケットタイプを愛用しています。
着た瞬間に温かく、また非常にシンプル、ミニマムなデザインで使いやすいです。

 タウンユースで考えると、アウターとして着用するダウンとして、これ以上シンプルで機能的なものはなかなかありません。ミニマリストの方にはこちらがいいかもしれませんね。こちらもジャケット、フーディ、ベストがあるのでお好みでどうぞ。

パタゴニア公式サイト メンズ・ダウン・セーター

④フィッツロイ・ダウン

●とにかく温かいダウンジャケットが欲しい方は、こちら。

 ハイロフト(ダウンの量が多い)のダウンジャケットです。ビレイ用パーカとなっており、とにかく温かさを追求したモデルです。雪山ではハードシェルの上から着用するので、少し大き目の作りになっています。

 ダウン製品の暖かさは(フィルパワー×ロフト量)で決定しますが、フィッツロイダウンは800フィルパワーの良質なダウンが惜しげもなく詰め込まれています。

素材

シェル:1.1オンス・20デニール・パーテックス・クアンタム・リップストップ・リサイクル・ナイロン100%。DWR(耐久性撥水)加工済み。裏地:0.7オンス・10デニール・パーテックス・クアンタム・リップストップ・ナイロン100%。DWR加工済み。インサレーション:800フィルパワー・アドバンスト・グローバル・トレーサブル・ダウン。

パタゴニア公式オンラインショップより

重さ485g。

実は、2020秋冬で値段が下がりました。企業努力されていますね。(62,700円→49,500円)

 これ以上の性能を求めるとパタゴニアでは「グレードVIIダウンパーカ」が選択しに上がりますが、完全に極地用アイテムであり、価格も高額になります。タウンユースを想定される場合で、とにかく温かいダウンが必要という方は「フィッツロイダウン」をどうぞ。

パタゴニア公式サイト メンズ・フィッツロイ・ダウン・パーカ

⑤DAS・パーカ

パタゴニア公式オンラインショップより

●究極のビレイ用パーカが欲しい方は こちら。

 80年代に流行した「DASパーカ」が2020秋冬で復活しました。化繊インサレーションを使ったビレイ用パーカです。雨風を防ぎ、かつ濡れても保温性を失いません。ケアも簡単です。

 また、雑誌では毎年のように過去のDASパーカを着用している方がスナップされています。近年は80年代ブームもあり、オーバーサイズのトレンドも続きそうなので、街着のトレンドにも合っていますね。

素材

シェル:0.8オンス・10デニール・パーテックス・プロ・リップストップ・ナイロン100%。ポリウレタン・ドライ・コーティング加工とDWR(耐久性撥水)加工済み。裏地:0.7オンス・10デニール・パーテックス・クアンタム・リップストップ・ナイロン100%。DWR加工済み。インサレーション:クロス・コア・テクノロジーを採用した、133グラム・ポリエステル100%(消費者から回収されたリサイクル・ポリエステル75%)のプリマロフト・ゴールド・インサレーション・エコと、40グラム・ポリエステル100%(消費者から回収されたリサイクル・ポリエステル35%)のプリマロフト・ゴールド・インサレーション・エコ。

パタゴニア公式オンラインショップより

重さ556g。

後継とされていた「ハイパーパフフーディ」を愛用しています。
温かい、軽い、気軽にケアできる、大き目サイズで着やすいということで、真冬のバイクで着用していました。「DASパーカ」となって、どう進化したのか注目です。

 「DASパーカ」はパタゴニアの化繊インサレーションのジャケットでは、最も温かいアイテムです。2020秋冬からの復活であり、パタゴニアファンの間で最も注目されているアイテムと言えるでしょう。

パタゴニア公式サイト メンズ・Dasパーカ

 なお、「DASパーカ」についてさらに詳しい情報は下記の記事をどうぞ。

パタゴニアのダウンジャケットで温かく過ごそう

 パタゴニアのダウン、化繊インサレーションのジャケットは、アウトドア製品としてのスペックを備えており、軽量でありながら、保温力、耐久性、撥水性を備え、アウター、インナーとして高性能です。また、ユーザー目線で「丁度いい」アイテムも多くラインナップしています。

 ぜひ、お気に入りのダウン、化繊インサレーションを見つけて冬を快適に過ごして下さい。