パタゴニア「キャプリーン サーマルウェイト」をレビュー【比較】

こんにちは。パタゴニア大好きおじさん、beee(@BEEE62359542)です。

キャプリーン サーマルウェイトが気になるけど、どんなアイテムなのかなぁ…
自分に必要なアイテムなのかな?

パタゴニアの「キャプリーン サーマルウェイト クルー」は、パタゴニア製品の中でも高性能なベースレイヤーです。

また、キャプリーンシリーズの中で2番目に暖かいアイテムです。

「キャプリーン サーマルウェイト クルー」を私が実際に使ってみると、寒冷な時期でもかなりの暖かさを保持してくれるため、気に入っています。

結論として「キャプリーン サーマルウェイト クルー」は寒冷な気候でも十分な暖かさを提供してくれる、高性能なベースレイヤーです。

この記事は、「キャプリーン サーマルウェイト クルー」の実際のレビューを参考にしたい方に向け、書いています。

購入を考えている方は、本記事をご覧の上、検討してみて下さい。

目次
  • キャプリーン サーマルウェイト クルーのデザインは
  • キャプリーン サーマルウェイト クルーの素材は
  • キャプリーン サーマルウェイト クルーの保温性は
  • キャプリーン ミッドウェイトと比較
  • R1フーディと比較
  • モンベル「ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ」と比較
  • キャプリーン サーマルウェイト クルーのデメリットは?

上記について、解説します。

パタゴニア「キャプリーン サーマルウェイト」をレビュー

patagonia「キャプリーン サーマルウェイト」をレビューします。実際に使用した感想等。キャプリーンミッドウェイト、R1ジャケット、モンベル「ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ」と比較しています。

キャプリーン サーマルウェイト クルーのデザインは

画像は私が所有している「キャプリーン サーマルウェイト クルー」です。

カラー:black
サイズ:XS

品番は43647です。

スタンダートなクルーネックです。

表面はレイヤリングがしやすいように滑りが良い素材です。

肩の縫い目をずらしているので、バックパックを背負った時に、縫い目が肌に擦れないように工夫されています。

首部分には吊るしで乾かせるようにループがあります。

親指用ループがあり、上にミッドレイヤーを着る時に、袖がまくれることを防げます。
この紐は、着用時には見えません。

P-6タグがワンポイントです。

ベースレイヤーにもこういうおしゃれさを考えているあたりが、パタゴニアっぽいなと思います。

カラーは3色展開です。

Black

Forge Grey – Feather Grey X-Dye

Crater Blue – Light Crater Blue X-Dye

キャプリーン サーマルウェイト クルーの素材は

無地:3.8オンス(129グラム)・ポーラテック・パワー・グリッド(リサイクル・ポリエステル92%/ポリウレタン8%)、

クロス染め:3.8オンス(129グラム)・ポーラテック・パワー・グリッド(ポリエステル92%(リサイクル・ポリエステル30%)/ポリウレタン8%)。ハイキュ・フレッシュ耐久性抗菌防臭加工済み。ブルーサインの認証済み。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

パタゴニア公式オンラインショップより

無地 black
クロス染め Forge Grey、Crater Blue

ということだと思います。

キャプリーン サーマルウェイト クルーの保温性は

 

3.8オンス(129グラム)・ポーラテック・パワー・グリッドにより、かなりの保温性があり、かつ通気性、吸湿発散性があります。

私が実際に使用すると
タウンユースでは、12月~2月の真冬に使用しています。

インナーとして使用するアイテムとしては、最上位の暖かさです。
タウンユースではこれ以上の性能は必要ないと思います。

キャプリーン ミッドウェイトと比較

キャプリーンミッドウェイト

キャプリーンの暖かさレベルが1つ下の「キャプリーン ミッドウェイト」と比べてみます。

パタゴニア公式サイトから素材を引用すると、

●キャプリーン ミッドウェイト

ダイアモンド型のグリッド・パターンを備えた4.3オンス(122グラム)・リサイクル・ポリエステル100%のダブルニット。

●キャプリーン サーマルウェイト

3.8オンス(129グラム)・ポーラテック・パワー・グリッド(リサイクル・ポリエステル92%/ポリウレタン8%)

素材が違いますね。


ミッドウェイトはリサイクルポリエステル。
サーマルウェイトはポーラテック・パワー・グリッドです。

ポーラテック・パワー・グリッドは凹凸がある裏地が特徴で、汗を吸い上げ吸湿拡散します。

生地の厚さについては、凹凸がある分、サーマルウェイトの方が少し厚く感じます。

また、サーマルというだけあって、若干表情のある生地感になっています。

R1プルオーバーと比較

R1プルオーバー

今度は、R1プルオーバーと比較してみます。

●R1プルオーバー

6.9オンス・ポーラテック・パワー・グリッド・リサイクル・ポリエステル93%/ポリウレタン7%。ハイキュ・フレッシュ耐久性抗菌防臭加工済み。ブルーサインの認証済み。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

ほぼ同じポーラテック・パワー・グリッドを使用していますね。
オンス数が半分程度になっていますので、流石にR1プルオーバーの方が暖かいです。

●キャプリーンサーマルウェイト:ベース(インナー)レイヤー

●R1プルオーバー:ミッドレイヤー

という感じで、役割が違います。

しかし、ミッドレイヤーに使われている素材をべースレイヤーである「キャプリーンサーマルウェイト」に使用していることから、保温性の高さがわかると思います。

モンベル「ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ」と比較


次に、モンベルのアンダーウェアから、キャプリーンミッドウェイトと同程度の位置づけである「ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ」と比較してみます。


おそらく、ベースレイヤーを購入する際は、ほとんどの日本人であればモンベルのアンダーウェアも購入の候補に上げているのではないでしょうか。

●ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%]

【重量】170g

モンベル公式オンラインショップより

ジオラインは、モンベルの独自素材であるため、スペック上で一概に比較できません。


個人的な感想ですが、


生地の厚さ:同程度

暖かさ:キャプリーンサーマルウェイトの方が暖かい。

重さ:ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ 170g > キャプリーンサーマルウェイト 147g 

機能:キャプリーンの方が、明らかに作りこまれています。

見た目:ジオラインは完璧にアンダーウェアといった感じです。一方、キャプリーンサーマルウェイトは、よほどピタピタに着ない限り、1枚で着ていても違和感がない仕上がりだと思います。

値段 ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ 4,730円 < キャプリーンサーマルウェイト 12,100円 

値段が3倍くらい違いますね(泣

両方使用した感想ですが、やはりキャプリーンサーマルウェイトの方が満足度は高いです。
また、米国製品のためか、パタゴニア製品はとても丈夫な印象があります。


パタゴニアの企業理念からも、すぐに買い替えが必要な製品はリリースしない印象です。
ジオラインとキャプリーンを比べると、キャプリーンの方が頼りがいのある生地感や縫製です。

キャプリーン サーマルウェイト クルーのデメリットは?

●タウンユースでは、真冬しか着用しない。

私は寒い地方に住んでいるわけではないので、タウンユースではさほど出番がないかもしれません。
しかし、真冬のサイクリングや、バイクで移動する際は重宝します。
暖かいのに吸湿速乾性が高いので、汗冷えしません。
 


キャプリーン サーマルウェイトは満足度の高いベースレイヤー

いかがでしたでしょうか。

パタゴニアのベースレイヤー、キャプリーンは1985年からリリースされており、現在の化繊生地を使ったベースレイヤーの先駆けとなった商品です。 また、科学技術の進歩により、年々改良されています。

キャプリーン サーマルウェイト クルー等のベース(インナー)レイヤーは、レイヤリングの土台となるもので、最も重要なです。

この冬に防寒対策をしっかりしたいという方は、まずは高性能なベース(インナー)レイヤーから手に入れてみてはどうでしょうか。

「キャプリーン サーマルウェイト クルー」は、十分すぎる温かさを提供してくれる商品に間違いありません。

他社のアンダーウェアを経由せずに、キャプリーンを必要な枚数だけ持つ…という選択肢が一番賢いように思います。


とはいえ、キャプリーンは値段が高いので、初心者がいきなり購入することは難しいと思います。


本記事を参考にして、考えてみてもいいかもしれません。

「キャプリーン サーマルウェイト クルー」は下記に方におすすめです。

●暖かいベース(インナー)レイヤーが欲しい方
●寒い時期のアクティビティで着るベースレイヤーが欲しい方

購入はこちらからどうぞ。

パタゴニア公式サイト メンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・クルー


もし、セールになっている場合はお得です。
また、人気色やサイズはシーズン前に売り切れますので、入荷してすぐ購入する方が良いでしょう。

なお、より万能なパタゴニアのベースレイヤー「キャプリーンミッドウェイト」については、下記の記事をどうぞ。